コツコツ貯めるコツ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > ひとりごと > アフィリエイトに関するひとりごと by nadenadeboy VOL 4


 
▼ブログアフィリエイト スタートガイド 




”無料”で出来るブログアフィリエイトだから [リスクゼロ]

一言でアフィリエイトと言っても メールや掲示板を利用したり、さまざまな方法がありますが ここでは、自分のページの広告により 収入を得るアフィリエイトの手順を 簡単に紹介します。すでにブログ等を、運営している方であれば、自分のブログを有効活用しましょう。
あくまで、”無料”にこだわったブログアフィリエイトの手順を紹介していますので、安心して始めてください。


ブログアフィリエイト スタートガイド (基本手順)


STEP [1]  ブログを作成する

ブログサービス 一覧表


STEP [2]  ASPに登録し広告を貼る

A S P 一 覧 表ASP関連記事
携帯 ASP 一覧表携帯ASP関連記事


STEP [3]  ブログのアクセスアップ    ★アクセスアップ関連記事

トラフィックエクスチェンジ 一覧表
ブログランキング  一覧表

STEP [4]  SEO対策(検索エンジン最適化)をする   ★ SEO関連記事


STEP [5]  おそらく、最初から成果は上がって来ないと思いますが、地道に、粘り強く、”コツコツ”やることが何より大事です。


 Google Fan   ポッドチェッカー //

※ 不明な点があれば、メールフォームよりお願いします。  出来る限りサポートいたします。
  ◇ 相互リンク 募集中です ◇

 
 
タグツールコーナー
■ブログ作成に 使えるタグツール■
各種タグを使えば、誰でも簡単に 思い通りのデザインでブログが作れます。


 
 

スポンサーサイト

スポンサー広告 --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

アフィリエイトに関するひとりごと by nadenadeboy VOL 4

ひとりごと 2010.06.29 Tue



前回 「アフィリエイト=商売」と書きましたが、もう少し具体的に説明してみます。
アフィリエイトの方法として、コミュニティなどを利用し、個々にアプローチして、自分の紹介コードからサイトに登録してもらったり、商品や情報商材を購入してもらったりする手法があります。
これは、セールスマンが直接 お宅を訪問して 営業する「訪問販売」と同じです。
それに対してブログやホームページでアフィリエイトをするのは「店舗営業」によく似ていると思います。
特にブログに関しては スペース的に、百貨店はおろか、スーパーやコンビニみたいに幅広く商品を並べる事は無理ですし、例え並べてみたとしても、商品だらけで身動きが取れない店になってしまいますので、キャパを考えるとブログなどは「専門店」か、もしかしたら「露店」と考えるのが一番シックリ来るのではないでしょうか

さらに例えると [ブログ運営者=店主 ] [ブログタイトル=屋号] [広告=商品] [サイドバーなどの広告スペース=陳列棚] で、記事は何かと言うと 最も重要なお客さんとのコミュニケーションの場になります。
お客さんと、最近の天気や、 話題のニュース、芸能人のスキャンダルなどで会話したりするように、記事の内容でお客さんの興味を惹くことができ、より距離を縮める事ができれば、そのコミュニケーションの途中でおススメのモノを紹介することも可能になり、成果を上げるチャンスが大きく広がります。

では、どのようなお店が成果があがるのか?
結論から言うと、はっきりした答えは私にも分りません。
ただ、個人的に好んで利用するサイトは
1 どこに何があるかわかりやすい
2 原色のページなどではなく落ち着いた印象
3 店主がきさくで話しやすい
4 新鮮な情報がある
などなどですが、結局、自分がついつい行ってしまうサイトが、自分の目指すサイトだと考えブログを作っています。
むしろ、それが最大のポイントかもしれません。

それらを踏まえ、最も重要になるのが「信用」です。
ネットの世界はどんなに誠実にサイト運営を行っていても、特に「お得な情報」系などは「うさん臭い」イメージがついて離れません。
何が原因だと思いますか?

…次回につづく


スポンサード リンク
■クリック報酬でコツコツ貯める
Find-A アフィリエイトはFind-A
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。